事業内容

路面電車について・路線図

路線図

新型コロナウイルス感染症関連のお知らせ

2020年5月28日更新

お客さまにおかれましては、コロナウイルスの感染予防対策にご協力いただきましてありがとうございます。
札幌市電では、新型コロナウイルスの感染予防を図るため、職員のマスク着用等の予防対策を実施しております。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

コロナウイルス感染症に対する当社の取組み

  • 車内の換気は、停留場停車の際、前後のドアを開放して行っております。
  • 手すりや吊り手等は、定期的に消毒を行っております。
  • 運転手とお客さま相互の飛沫感染防止のため、運転席にビニールシート等を設置しております。
  • 電車事業所構内の見学、車内での傘の無料貸出を中止しております。

お客様へのお願い

路面電車からのお願い
札幌市電にマスク着けてみました211号車-01
市電ご利用の際は、マスクの着用をお願いします。
札幌市電にマスク着けてみました211号車-02

路面電車からのお知らせ

イベント開催に伴う折返し運行について

2020年4月23日更新

例年、札幌駅前通でのイベント開催に伴う交通規制のため、「西4丁目~狸小路~すすきの」間の運行を一時中止し、折返し運行を行っております。

今年の折返し運行については、開催イベントの日程が確定次第、お知らせいたします。

路面電車 車内での傘の無料貸出について

例年4月1日から実施している路面電車車内における傘の無料貸出については、新型コロナウィルス感染拡大の防止に努めるため、当面の間、実施を見送ることといたしましたのでお知らせします。

路面電車について

路面電車の概要

路面電車は、1927年に市営交通発足以来、「市民の足」として活躍してきました。道路事情の変化や地下鉄の開業で、路線が縮小されてきましたが、2015年には、路線がループ化され、より一層利用しやすくなりました。2018年には、路面電車開業100周年を迎えました。

2020年4月1日には、「上下分離」による経営が導入され、軌道運送事業を当公社が担う新たな体制が始まりました。
札幌の街の歩みとともに走り続け、詩情あふれる札幌の風景を形作る路面電車は、これからも市民の生活を支え続けていきます。

路線のループ化

2015年12月20日に西4丁目停留場とすすきの停留場をつなぐ都心線が開業し路線がループ化(環状化)されました。

路面電車沿線や都心へのアクセスがしやすくなる等の利便性向上及び駅前通の魅力向上等のまちづくりにも貢献しています。

サイドリザベーション

ループ化された路線(都心線、西4丁目停留場~狸小路停留場~すすきの停留場)は、電車が歩道のすぐ横を走るサイドリザベーション方式が採用されています。

歩道から直接路面電車に乗ることができます。